FX(外国為替証拠金取引)のブログを見ていると、「年利200%」とか、「今月の収支は100万円以上」なんて派手な文言を見かけます。でも、デイトレードやスキャルのような忙しい取引はしたくない。 なので、植物好きな私は日足中心に「植物を種から育てる」が如く、「低レバレッジ&日足でまったり」トレードでスワップポイント(金利差)も頂きながら、じっくり育てます。 まったりで勝つ!!

なお、当ブログでは、毎日それぞれの国に焦点を当てての独自分析が中心となります。
対象通貨 ⇒ 米ドル ユーロ  英ポンド 瑞フラン 加ドル  豪ドル  NZドル  日本円  ランド 他

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|----- --:--|スポンサー広告||TOP↑
南アランド円がいつの間にか17円を経験していた・・・。
お陰で15円台で仕込んでおいた分が気付かないうちに一部利確。

高金利(9.0%)なので、3~4ヶ月ほどなのに意外と収益の中で
スワップポイントが為替差益以上に大きい気がする。

2位高金利NZドルで勝負!のあの方はどうみてる?

南アフリカの国花「キングプロテア」の花言葉「甘い恋」に因んで、
キングプロテアに恋してみる?
って、感じに思ってます。長く持つほど利いてくる高金利はやはり得?

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

キングプロテア
学名:Protea cynaroides
ヤマモガシ科。南アフリカ原産の半耐寒性の常緑低木。
美しく彩られた大型の総苞が特徴的で豪華。花序径は30cmにも。
挿し木で殖やせる。花言葉『王者の風格、甘い恋』

 
ちなみに私の作戦として・・・
スポンサーサイト
|12-31 20:25|南アフリカ ランド 他コメント(0)TOP↑
ユーロドルは三角持ち合いを抜け切れずに終了。年末年始は
動きにダマシが多いので。一瞬抜けても狼狽売り・買いはせずに
おきたいですね。

ともあれ、2006年はユーロやポンドが躍進した年であった
ように思います。この勢いが来年も続くように思えますね。
深い下押しはあっても、ユーロドルは来年中に1.40の
大台を経験しそうな・・・。ユーロ円は、170円?

ユーロ売りを試すなら、ユーロカナダ(EURCAD)で試してみたい
ところですが、2004年3月、2005年1月から降りてくる
下げレジスタンスの壁を抜けたら、あきらめなければいけない
でしょうね。微妙です・・・・。

ランキング1位のダメおやじさんはどうみてる?

ここはアイルランドの国花「シャムロック」の花言葉「輝く心、真心」に因み、
ポジれたら大事にします・・・
ユーロの下押しを待って、そこから長く持ってみますか・・・

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

コメツブツメクサ(米粒詰草)
学名:Trifolium dubium
別名:シャムロック(Shamrock)
英名:lesser trefoil
ヨーロッパ~西アジア原産。マメ科の1年草。
アイルランドの守護聖人、聖パトリックがキリスト教布教に
シャムロックを使って三位一体を説明したとされ、アイルランドを
代表する植物となっている。
ちなみにシャムロックは一般に3つ葉草本を指すこともあり、
広い意味ではクローバー(Trifolium repens)も含まれる。
他にカタバミ、ウマゴヤシなどもシャムロックなのかも・・。

シャムロックの写真が見つからず、クローバーにて・・・。

ユーロ公式採用国:
ベルギードイツスペインフランス/アイルランド/イタリア
ルクセンブルグ/オランダ/オーストリア/ポルトガル/フィンランド/ギリシャ

|12-31 01:12|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
ポンドドルもやはりポンドが強すぎるのか、ドルの復活が
見えても下値が硬いまま。

結局、現在は12月4日を頭、11月16日を底として三角持ち合いの
右端の頂点に差し掛かったところか?エネルギーを貯めているので
抜けたら怖い。

そういう訳で、抜けた方向について行きたいけれど、心情的には
上抜けで行くと勝率が高そうに見えます・・・が、思惑と逆に行くのが相場。
素直に行きましょう。

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、
ピンクのバラの花言葉「しとやか」より、
しとやかに相場に向かう?
意味不明ですね・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|12-29 22:08|イギリス ポンドコメント(0)TOP↑
スイスフランが、どうにも弱いですね。
もちろん、カナダドルや現在の最弱通貨の円には
敵いませんが・・。

ポンドスイス、ユーロスイス、や極めつけの対ドルのドルスイスすらも
スイスフラン売りに売りトレンドになってます・・・。

対円のスイス円だけは、なんとか20日移動平均線で踏みとどまって
上昇トレンドを継続中ですが、15日安値96.20を割り込むと
一気に行くかもしれませんね。目標は94円半ばか?
一応、私は長期でスイスフランの上方向を見ているので、ここは
このレベル(96.85)から96.20まで買い下がりで向かうか?
(売りサイン出てるみたいですけど。。。。)

スイスの国花は「エーデルワイス」の花言葉の1つ
勇気」にちなみ、
勇気を持って耐えてみる?!
低いレバレッジで耐えてみせる・・・

FXのスイス情報はここで⇒>>ブログランキング

資産倍増日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

エーデルワイス(西洋薄雪草、Edelweiss)
学名:Leontopodium alpinum
花言葉:思い出、尊い記憶、勇気、忍耐、純潔と不死
ヨーロッパ・ヒマラヤ・シベリアの高地・寒冷地に自生する
キク科の多年草。同属には約30種。日本にはウスユキソウや
ヒメウスユキソウなど5種が自生する。もちろん高山植物。

|12-28 12:56|スイス フランコメント(0)TOP↑
現時点(2006年12月)での各国の政策金利は
以下の通りです。日本がいかに低いか・・。
それと、欧州圏ではスイスが低めですね。
年明けからも金利相場は続くのかもしれませんが、
1月は様子を見ながらじっくりいきたいですね。
クロス円をロングしていきたい。。。

米国       5.25 %(FF金利)
ユーロ圏     3.50 (公開市場操作金利)
英国       5.00 (レポ金利)
豪州       6.25 (キャッシュレート)
スイス      2.00 (3ヶ月物誘導金利 中央値1.50-2.50%)
カナダ      4.25 (翌日物金利)
ニュージーランド 7.25 (OCR)
南アフリカ    9.00 (レポ金利)
日本        0.40 (公定歩合)
韓国       4.50 (翌日物金利)

【政策金利決定機関】
米連邦準備理事会  :Federal Reserve Board(FRB)
欧州中央銀行    :European Central Bank(ECB)
イングランド銀行  :Bank of England(BOE)
オーストラリア準備銀行:Reserve Bank of Australia(BOA)
スイス中央銀行   :Swiss National Bank(SNB)
カナダ中央銀行   :Bank of Canada(BOC)
ニュージーランド準備銀行:Reserve Bank of New Zealand(RBNZ)
南アフリカ準備銀行 :South African Reserve Bank(SARB)
日本銀行      :Bank of Japan(BOJ)
韓国        :The Bank of Korea(BOK)

資産倍増日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

他のFX情報はここで⇒>>ブログランキング

あ、余談ですが・・・
|12-28 12:54|日本 円コメント(0)TOP↑
今日は11月大型小売店販売額・小売業販売額の発表があったが
数字が揮いません。。。円安のネタかとおもいきや、
一部通信社による「日銀で来月利上げが話題になる」と伝えられ、
債券相場が下落(金利上昇)し、円買戻し。すぐに反発も
見られたが、どうなんだろう?

年末もここへ来ての大魔王襲来につながるのでは?と私は警戒して
おります。これこそ、私としてはロングポジション取りのチャンスに
なると考えております。待つのみです。慌てない焦らない・・・。
(警戒だけで終わる可能性あり。。。)

大魔王情報はここで(笑)>>ブログランキング

日本の代表的な花は「サクラ、キク」。
キクの花言葉のひとつ、「高潔」に因んで
高潔な気持ちでその時を待ちたい・・。
最近、円安過ぎって思いませんか?

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

キク(菊)
学名:Dendrantema×grandiflorum(Chrysanthemum morifolium)
英名:Chrysanthemum
花言葉:高貴、私を信じて下さい、女性的な愛情、清浄、高潔、破れた恋、真の愛
中国由来のキク科の耐寒性常緑多年草。
旧暦 9 月 9 日が重陽の節句で、菊の節句。
奈良・平安期に日本に中国から移入。このとき既に雑種であり、
野生種は存在しない。シマカンギクとチョウセンノギクが原種か?

すいません。適切な花を見つけられませんでした・・・。
|12-27 13:44|日本 円コメント(0)TOP↑
今日は私の持っている口座のチャートがなぜか動かない。
(どうもまだお休みらしいです)なので、私もお休みモードのまま。

さて、今日は お得情報 をお届けです。

ドル円、クロス円に限られますが、金利の安い日本円を売って
海外の通貨を買うことで得られる日々の金利差(スワップポイント)が
明日27日の営業時間終了時(28日朝7時)は通常の6倍である
(6日分がまとめて付く)ことは、各所で紹介されているので
皆様もご存知と思います。多いのは日本時間の朝7時ですが、
朝5時頃に付くという会社もあるようですのでご注意下さい。
(ロールオーバーの時間につきましてはご自分の取引会社に
ご確認下さい。)

スワップ6倍デー情報はここで>>ブログランキング

さて、そんなスワップがまとめてつくデーですが、私の経験では
どうにも失敗が多いです。簡単に「スワップ6倍も付くから
多少下げても利益が出るから大丈夫
」なんて、美味しそうな言葉に
乗せられて、何度コケたか。。。
 
|12-26 12:40|失敗談コメント(0)TOP↑
ちょっと遅めですが・・

Merry X'mas です・・・遅すぎ?

さて、今日はFXを扱う各社で営業時間の短縮などで取引しにくい
ところが多いようです。みなさまもご自分の取引会社にご確認下さい。

そこで、ちょっと様子見で週足チャートを眺めていましたが、
2005年初頭からの流れを追っていくと、波はあるものの
ほとんど全通貨に対して、円が安くなる方向ですね。
今後も円安が続くのではないかと期待してしまいます。
問題も山積みですし、仕方ないですね・・・。

日本の代表的な花は「サクラ、キク」。
サクラ(ソメイヨシノ)の花言葉のひとつ、「淡白」に因んで
淡白に流れに身を任すか・・。
4~5%程度の円高に耐えられるレバレッジで円売りでどうだ!

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

ランキング18位 南ア・ランド円とNZ円を破産するまで買い続ける!?

ソメイヨシノ(染井吉野)
学名:Prunus ×yedoensis
英名:Yoshino Cherry
花言葉:優れた美人、精神美、純潔、淡白
エドヒガンとオオシマザクラの交配でうまれたサクラの園芸品種。
バラ科の落葉高木。
日本で花と言えば、サクラ(特にソメイヨシノ)が連想されるが、
日本の軍国主義時代にその散り際の潔さから重宝された歴史が
あることから、軍国主義の象徴とみられることもある。


|12-25 13:36|日本 円コメント(2)TOP↑
ユーロに日足チャートで陰りを感じる。
年末の調整でしょうか。ユーロドルで今までサポートラインとして
機能していた20日移動平均線の下に潜り込んで、レジスタンスに
変わったように見えます。

ユーロ売りは、他のパターンでは、ユーロカナダ(EURCAD)や
ユーロ豪ドル(EURAUD)で試せば、金利差で美味しいかしら?

ランキング21位の為替王様に伺ってみる?

ここはベルギーの国花「チューリップ、アザレア」のうち、
チューリップの花言葉の一つ「名誉」に因み、
ユーロの中長期での上昇は信じているが、下押しもないと・・・
ここは敢えて、名誉の下押し
って、感じでくるように思います・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

チューリップ
学名:Tulipa gesneriana(Tulipa sp.と表記する方がよいか?)
別名:ウッコンコウ(鬱金香)
英名:tulip
花は王冠、葉は剣、球根は黄金、つぼみは少女の純潔をあらわす。
地中海沿岸原産。ユリ科の耐寒性球根植物。
チューリップといえば、17世紀にオランダなどを中心に
球根が高値売買され、後に暴落したチューリップ・バブルの
時代があったのは有名。また、金融のデリバティブは、この
チューリップ相場が始まりとも。


ユーロ公式採用国:
ベルギー/ドイツスペインフランス/アイルランド/イタリア
ルクセンブルグ/オランダ/オーストリア/ポルトガル/フィンランド/ギリシャ

|12-23 14:25|欧州 ユーロコメント(2)TOP↑
ドル買い再出動に興味ありあり。

全般にドル売り過剰気味なので、この後、一旦はドルの買い戻しに
走るのではなかろうか。ポンドドル&ドルスイスで再参入して
みたいです。

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」。
セイヨウオダマキの花言葉のひとつ、「昔の恋人」に因んで
やっぱりドルが大好きなんだな・・。
未だに微妙な感じなんですけどね・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

ランキング1位のダメおやじさんの気学に興味ありまくりです!!

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
花言葉:贅沢、不品行、愚者、愚鈍、勝利、昔の恋人、努力の勝利 等
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。キンポウゲ科。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。


|12-22 21:19|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
カナダ買いに再出動か。
カナダ円で今の下げはよい押し目になるのでは?
もちろん、ストップはしっかり入れた方がよさそうですが。
置くのであれば、日足サポートライン辺りでしょうか?

ユーロカナダ売りも再度勝負に出たいです。

カナダの国花「サトウカエデ」にちなみ、カエデの花言葉でもある
愛と豊穣」で、
今から入って豊かな稔りに期待したい。
どうかな・・・・。

ランキング1位のダメおやじさんが、第2回デモグランプリ・クリスマス杯の行方は!?

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
花言葉(カエデ一般):遠慮・確保・とっておきの・自制・愛と豊穣
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。

|12-21 22:08|カナダ ドルコメント(0)TOP↑
ユーロ圏強し。ドル買い撤退は正解か。

さて、今日の夕刊に出ていた国立社会保障・人口問題研究所の
公表した「日本の将来推計人口」によると、合計特殊出生率が
前回予測の1.39から1.26へ下方修正。2055年には
8993万人まで減少だとか・・・。超長期投資で考えるならば
高金利通貨買いして放置しても決して損しない気がしました。

そして、19年度予算財務省原案になんとなく甘さを感じた。
新規国債発行額の減額などで一瞬よさそうに見えるのに・・・。
やはり円安継続しかないのか・・・。

日本の代表的な花は「サクラ、キク」。
サクラ(ソメイヨシノ)の花言葉のひとつ、「優れた美人」に因んで
いい国だけど、未来が暗い・・。
一時的な円高に耐えられるレバレッジで円売りしとく?

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

ランキング1位のダメおやじさんが、第2回デモグランプリ・クリスマス杯開催中です!?

アービトラージFX
取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで
稼げる。 指標時のスキャルピングなので、数分~数十分の
超短時間取引であり、取引時間が制限された方・初心者にも
有利なテクニックです。値段は高くとも必ず取り戻せること
請け合いです。
【12月31日で値上げ!急ごう!!】

ソメイヨシノ(染井吉野)
学名:Prunus ×yedoensis
英名:Yoshino Cherry
花言葉:優れた美人、精神美、純潔、淡白
エドヒガンとオオシマザクラの交配でうまれたサクラの園芸品種。
バラ科の落葉高木。
日本で花と言えば、サクラ(特にソメイヨシノ)が連想されるが、
日本の軍国主義時代にその散り際の潔さから重宝された歴史が
あることから、軍国主義の象徴とみられることもある。

|12-20 22:30|日本 円コメント(0)TOP↑
ユーロ圏の指標と日銀金融政策に振り回された感じか。
ドル買い&カナダドル買い撤退。

さきほどの上昇で浅いストップへ。微妙な利益になってしまいました。
ユーロカナダも今日まで順調に利を伸ばしていましたが、撤退。

読みとしては、結構自信あったんですけどね・・・。

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」。
セイヨウオダマキの花言葉のひとつ、「不品行」に因んで
なんだか理不尽な気がするなぁ・・。
ユーロドルやポンドドル、ドルスイでは、ドル買いサインが
未だに出ているように思えるんですけどね・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

ランキング1位のダメおやじさんが、第2回デモグランプリ・クリスマス杯開催中です!?

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
花言葉:贅沢、不品行、愚者、愚鈍、勝利、昔の恋人、努力の勝利 等
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。キンポウゲ科。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。


|12-19 20:52|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
ポンドドルの下落もこのまま今日が終われば4日連続。
ここらで下落も一休みするか?しかし、現在、1.925近辺を
ターゲットに考えているので、戻しがあれば、売り増しでも
よいかも・・と考えております(現在売りポジション構築済み)。

気にかかるのは、スイスが利上げ前後から下げ続けているので
ポンドスイスでポンド買いが進んでおり、ポンドドルでの
ポンド売りとの矛盾に頭を抱えます。1.25をターゲットに
ドルスイロングを今からでも仕込んでみるかなぁ・・・。
(そうすると、双方ドル買いでリスク分散にならない訳ですが)

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、ちょっと変わったところで
バラの葉の花言葉「希望あり」より、
下げは序の口?そんな希望に燃えてます
なんか、燃えてきた~。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|12-19 02:24|イギリス ポンドコメント(2)TOP↑
昨晩は指標を機にドルが急降下。

が、他指標を契機に再上昇して週末NY市場をクローズ。
何と言っても、対円で戻しただけでなく対欧州通貨で
戻したのは、どう捉えてよいのか・・・。今日もFXで
悩んでます。

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」。
セイヨウオダマキの花言葉のひとつ、「努力の勝利」に因んで
待ってた甲斐があった?
日足のスローストキャスティクス・MACDでポンド売りサインが
出ているように見えるが、どうか・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

ランキング1位のダメおやじさんが、第2回デモグランプリ・クリスマス杯開催中です!?

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
花言葉:贅沢、不品行、愚者、愚鈍、勝利、昔の恋人、努力の勝利 等
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。キンポウゲ科。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。


|12-16 17:23|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
NZドルはここのところ、まったく興味を持てずに
きましたが、対ドルで売りに妙味がありそうな感じに
なってきたので、参加したい。ということは・・・対円では
NZ円=100円の時代に向けて、上がる途上の一休みに
なるのか?

年末でもあるし、警戒しながら見守っていきたい。
そして、いい押し目があれば、仕込んでいきたい。

ニュージーランドの国花「コーファイ」の黄色い花、
金運UPのアイテムとして、手に入れたい!
まったり待つか。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

コーファイ(Kowhai)
学名:Sophora microphylla(ソフォラ・ミクロフィラ)
コーファイはマオリ語で“黄色”を意味する。
分類上はマメ科の植物。日本にある近縁種は
エンジュ(S.japonica、槐)。

|12-15 13:50|ニュージーランド ドルコメント(10)TOP↑
カナダ買いも微妙ですね。
10月以来の下降トレンドを抜けたかに見えて、抑えられた
ままです。しかも、少しずつ高値を切り下げて。。。

もちろん、下値も限られてきた感じで、どちらかというと
小さなペナント型に見えますね。そんな訳で、ここ数日の
レンジを抜けるまで、静観のほうがよさそうか。

当然ユーロカナダ売りも一旦、撤退して入り直した方が
よさそうに見えます。・・・さて。

カナダの国花「サトウカエデ」にちなみ、カエデの花言葉でもある
自制」で、
フライングだった?また我慢だ!
・・・・。

資産倍増に向け、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
花言葉(カエデ一般):遠慮・確保・とっておきの・自制・愛と豊穣
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。

|12-14 18:38|カナダ ドルコメント(2)TOP↑
スイスは、スイス国立銀行(SNB)による政策金利発表を
明日12月14日に控えていますね。それも利上げの
方向での予想が大方なのではないでしょうか?

そのためかスイスフランは、ポンドやユーロが強いので、
対欧州では弱いですがそれ以外へは強い・・・。

対円のスイス円は、まだ上昇途上にあり、金利政策の
発表後にもし下げたとしても、そのままこのトレンドで
1月中には100円の大台に乗ってしまうのではないか?
私には、そんな風に見えています。
(もちろん、今日にも円高になり大暴落する可能性もありますが)

スイスの国花は「エーデルワイス」の花言葉の1つ
純潔と不死」にちなみ、
永世中立国だし長く持っても大丈夫?!
ちょっと買い場を探したい・・

資産倍増日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

外国為替トレード管理室』さんに相互リンクして頂きました。
ありがとうございます。


エーデルワイス(西洋薄雪草、Edelweiss)
学名:Leontopodium alpinum
花言葉:思い出、尊い記憶、勇気、忍耐、純潔と不死
ヨーロッパ・ヒマラヤ・シベリアの高地・寒冷地に自生する
キク科の多年草。同属には約30種。日本にはウスユキソウや
ヒメウスユキソウなど5種が自生する。もちろん高山植物。

|12-13 15:24|スイス フランコメント(2)TOP↑
豪ドルは、AUDUSDで売りで入ってみたのはいいが、上がってますね。
まいった。豪ドル円が前回高値を更新しているのも悪材料。

ここはオーストラリアの国花「ワトル」の花色で・・・
黄色信号で渡るのはダメだったか?
直近高値0.7972まで我慢か・・・思案のしどころか。
う~む。

日足チャートじっくりまったり低レバレッジで行こう♪

ワトル

学名:Acacia pycnantha
別名:ゴールデン・ワトル、ピクナンサアカシア
英名:Wattle(Golden Wattle)
花言葉:友情、友好
原産地はオーストラリア。
同属のミモザの花言葉は「真実の愛、最高の女性」
 
|12-12 19:33|オーストラリア 豪ドルコメント(0)TOP↑
カナダ買いを始めたい。
資源国通貨であるがため、将来は↑との見通しは
あるものの、買いに出動は我慢してました。が、とうとう
その日がやってきた・・・と思いました。

もちろん、注目のユーロカナダ(EURCAD)で、です。
先週末に週足が陰線で終わり、週足が応援してくれている気が
するので、カナダ買いに期待しています。ドルカナもカナダ円も
カナダ買いに傾いた感じですし、いいかもしれない。

ちょっと気にかかるのが4時間足。ユーロカナダでカナダ売りの
形に見えるのが気になるなぁ・・・。

カナダの国花は「サトウカエデ」、の紅葉の美しさにかけて、ここは
ちょっとフライング?一時赤字も覚悟だ!
かな・・・。

うん、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。

|12-12 02:36|カナダ ドルコメント(2)TOP↑
豪ドルは、前回クローズ後に90円ジャスト近辺まで
下げたものの、復活。現在91円後半まで上昇。
前回高値を超えるかどうか、ちょっと注視したいです。
豪ドル米ドル(AUDUSD)で陰線になりそうなのもあり、
こちらが下を見込んでいるのもあって、豪ドル円も
前回高値で頭打ちか?(前回高値91.82円)

やや自信はないものの、AUDUSDで売りで入ってみたい。

ここはオーストラリアの国花「ワトル」の花色で・・・
黄色信号?だけど渡っちゃうか~♪
って、感じです・・・(汗)

日足チャートじっくりまったり低レバレッジで行こう♪

ワトル
学名:Acacia pycnantha
別名:ゴールデン・ワトル、ピクナンサアカシア
英名:Wattle(Golden Wattle)
原産地はオーストラリア。
同属のミモザの花言葉は「真実の愛、最高の女性」
 
|12-12 02:17|オーストラリア 豪ドルコメント(0)TOP↑
ポンドドルの下落も4日連続。そろそろ下落も一休みか?
ここでポンドドル売り増しは、危険な気がします。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のポンドと
ユーロのロングが多いのを見て、私はこの年末で、
ポンドとユーロの一時的な大下落を見込んでます。
ただ、続落にも限度があるだろうから、一旦、反発が
あるだろうし、慌てて売らずにそこで売りか?

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、一般的なバラの
花言葉のひとつ「幸福」より、ポンドルは・・
下げた方が私は幸福なんです!
自分勝手ですいません。

今日も日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

WIN週刊為替予測レポート
為替相場が「サイクルに基づいて天井と底値を繰り返す」ことから
これをもとに予測する(サイクル理論)。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。


バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|12-11 00:46|イギリス ポンドコメント(4)TOP↑
昨晩は急降下から反転、ドルが急上昇。
自分的に日足チャートでは形状的に買いでした
が、テクニカル的には売り継続、週足も売りのまま。
週足的に分水嶺は117円前半か?

ならば、ここをバックに売り(場合によりナンピンしながら)で
臨むっていう手もありですかね。テクニカルを素直に見て・・・。
来週辺りは例年厳しい相場になる週です。気をつけて臨みたい。

ちなみにポンドドルで、私としては、1.89半ばを次の
ターゲットにして売り継続で、いわゆるドル買いに
なってますが。。。(無責任発言です。すいません)

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」。
セイヨウオダマキの花言葉のひとつ、「愚者」に因んで
○○のひとつ覚えで買っとく?
日足のスローストキャスティクスで出ているように見える
買いサインにすがりたい・・・。

日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

WIN週刊為替予測レポート
「サイクル理論」による為替相場予測。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。


セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。キンポウゲ科。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。


ランキング1位のダメおやじさんが、第2回デモグランプリ・クリスマス杯開催!?
|12-09 15:26|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
金利先高感から強くなっていたスイスフランが弱り気味のように見えますが・・
対ドルや対ポンドでは強含みに見えます。今から
ポンドスイスを売って(スイス買い)みてもよさそう。
スイス円では売りサインが出ているようなのに底堅いし・・・。
スイス円反転するかな・・自信なくても、買ってみたい。

スイスの国花は「エーデルワイス」の花言葉の1つ「勇気」にちなみ、
危険そうだけど勇気を出してみるか!
やや逆張りですが・・・

日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

エーデルワイス(西洋薄雪草、Edelweiss)
学名:Leontopodium alpinum
ヨーロッパ・ヒマラヤ・シベリアの高地・寒冷地に自生する
キク科の多年草。同属には約30種。日本にはウスユキソウや
ヒメウスユキソウなど5種が自生する。もちろん高山植物。

|12-08 17:39|スイス フランコメント(2)TOP↑
FX外国為替証拠金取引)を始めて2年。
今日もやってしまいました。あいたた。。。

今朝、出掛けにスイス円の売りで参入するべく、
出掛けに売り。で、ちょっと見ると動きは下向き。
よしよし。。。。あれ、口座金額が減っていく?

そうです。買ってました。久々のヒットです。
即効でロスカットしました。。。

みなさんも、忙しいときにポジションを持つときは
忙しいときこそよく確認することを心掛けましょう!

日足チャートじっくりまったり低レバレッジで取り返すぞ♪

WIN週刊為替予測レポート
「サイクル理論」による為替相場予測。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。

|12-07 12:55|失敗談コメント(0)TOP↑
ユーロ円が、日足チャートで陰線を続けてますね。私の
イメージでは、売りサインが出ますね・・(若干の
思い込みあり)。当面のターゲットは150円前後でしょうか。
チャートの眺め方がアバウトなので当てになりませんが(苦笑)

ユーロドルは、1.325辺りが当面のターゲットかなぁ。
でも、上昇トレンドの途中の下押しで終わる可能性大
でしょうし、売り参加なんて強気には行きたくないです。
私としては、上記レベルまで待って、ユーロ円をまったり
ロングで構えてみたいです。
だって、金利差が・・・<私の中の基本。
(逆張りは危険ですが・・)

ここはイタリアの国花「ツツジ、バラ、ヒナギク」の
デイジーの花言葉の一つ「あなたと同じ気持ちです」に因み、
ユーロ円は・・・
上に行く、みんなもそう思ってる。
って、感じでまったり買い場を待ちます・・・。

今日も日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

(つぶやき)
・・・ところでカナダ円、なかなか買いサインにならないですねぇ。


WIN週刊為替予測レポート
「サイクル理論」による為替相場予測。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。


ヒナギク(雛菊)
学名:Bellis perennis
別名:デイジー、長命菊(チョウメイギク)、エンメイギク(延命菊)
英名:Daisy
ヨーロッパ原産。キク科の秋蒔き一年草または多年草。
丈夫で草姿が乱れにくいので、冬~春の花壇で定番の花。
花色も多く、花径も大小様々なので、目的に応じて選べる。

|12-06 18:57|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
カナダ買いはそろそろ?
相変わらず資源国通貨であるがため、将来は↑との見通しに
変化はありませんが、一時のNZD売りのように、売るのが流行に
なっているため、買いに出動するのを躊躇ってきました。

昨日は対ユーロで陰線が出たこともあり、カナダ買いに
期待しています。単なるユーロ売りではあるんですが
(しかも、一時的か?)、カナダ売りがユーロ発のイメージが
あるので、ここでカナダが反転してくれれば、期待が持てそうに
思えてしまうんです。カナダ円を含む他通貨に対しても。

カナダの国花は「サトウカエデ」、花言葉は「自制」だし、ここは
あと僅かな我慢だ!・・たぶん」
ですね。

よし、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

WIN週刊為替予測レポート
「サイクル理論」による為替相場予測。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。


サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。

|12-05 17:32|カナダ ドルコメント(0)TOP↑
ポンドもそろそろ終わりになるかな・・。
ポンドドルで買いサインを見逃して以来、下げるサインが
出るのを心待ちにしてきましたが、自分的には未だに出てない・・・。
今日の終値で作戦を考えたい。場合によってはフライングで
出動もありか?

ここで売りサインが出るようなら、ポンドスイスも手仕舞いを
考えなくては・・・。

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、赤いバラの蕾の
花言葉「恋のため息」より、
そろそろのぼせて溜息も出るでしょ?
・・・そろそろ一休みしようよ。

今日も日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

WIN週刊為替予測レポート
為替相場が「サイクルに基づいて天井と底値を繰り返す」ことから
これをもとに予測する(サイクル理論)。内容も濃くプロの作る
メルマガです。有料なのも頷けるほどに充実した内容。最初の月は
お金がかからない
ので、月初めの今のうちに申し込んでおきたい。
ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだからノーリスク。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。
じっくりまったり派の味方である。


バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|12-04 22:03|イギリス ポンドコメント(2)TOP↑
豪ドルは、対円で週末にボリンジャーバンド上限から
上ひげを伸ばし、陰線で終了。ここは下値模索を開始と
見てます。豪ドル米ドル(AUDUSD)もほぼ同時線で
同様に下を見込んでいます。

なので、28日のロングはクローズしとく方がよさそう。

ここはオーストラリアの国花「ワトル」の花色で・・・
あれれ?もう黄色信号?
って、感じです・・・。
まったり行きたいけれど、日足でも意外と忙しい(汗)

日足チャートじっくりまったり低レバレッジで行こう♪

ワトル
学名:Acacia pycnantha
別名:ゴールデン・ワトル、ピクナンサアカシア
英名:Wattle(Golden Wattle)
原産地はオーストラリア。
同属のミモザの花言葉は「真実の愛、最高の女性」
 
|12-03 22:20|オーストラリア 豪ドルコメント(0)TOP↑
FX外国為替証拠金取引)を始めてから、今月で2年。
正確には年末から始めたので今月を終えたら・・ですが。

昨年のこの時期、円ショートのポジション整理で
急激にドル円で円高になったのが思い出されます。
時期は12月14日から・・今にして思えば、
予兆は出ていたと思う。このときは、下げに
ナンピン(難平)で臨んだので、被害は甚大な
ものでした。もう退場寸前。

その時は、ナンピンは危険と頭では認識していても
大きめのポジションを持つと冷静ではいられなく
なるものなんです。冷静な今、心からそう思う。

やはり、日足チャートじっくりまったり低レバレッジが一番か♪

さて、そんなこんなで、昨年は数日で6円近く下げた訳ですが、
今年のクリスマス前はどうなるんだろう。

今はドル円で売りサイン継続中だが、悪夢の12月14日まで
あと10日ほど。すでに5円位下げているし、そこまでに
サインが転換するか?それとも、クロス円での激しい円売り
(キャリートレードによる?)のクローズが円買いを援護して
未曽有の下げに転じるのか。さて・・・。

WIN週刊為替予測レポート
為替相場が「サイクルに基づいて天井と底値を繰り返す」サイクル理論に
基づき、予測している。勝率がある程度あるので、有料メルマガなのも
頷ける。しかし、最初の月はお金がかからないので、月初めの今のうちに
申し込んでおくと得だと思う。ダメなら、購読解除をしてしまえばよいのだから。
相場の動きにポジション取りを迷っているなら、試してみるべき。

|12-02 22:38|失敗談コメント(2)TOP↑

プロフィール

FX.Gray-man

Author:FX.Gray-man
〔漫画のD.Gray-manのマネ?〕

FXで取引はするものの勝ったり負けたりで、資産が増えない灰色な日々。これを打ち砕き、目指したい、野村雅道氏的生活

合言葉は『グレイからへ』

文中の植物画像は楽天アフィリエイトのものをお借りしております。

イチオシ!

今、私の注目ブログ!
外為主婦の楽楽FX 
外国為替証拠金プログ

両建て取引も使い方次第で安心取引が出来るものだと感心。毎日のチェックが欠かせません。

FX・為替情報はココで入手!

メルマガ 【ミカン箱】ω・`)テレ

恥ずかしながら、メルマガ開始。
タイトル『為替でまったり資産倍増計画♪-秘密の部屋』
↓『まぐまぐ!版』

powered byまぐまぐトップページへ
 
↓『Yahoo!メルマガ版』
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!

バックナンバーはコチラ

ブログ内検索

カテゴリー

お勧めFX会社

ヒロセ通商(Hirose-FX2ミニ)
1000通貨からなのに手数料往復で30円』&『1000通貨につき証拠金500円』という顧客本位の会社。初期投資金額の少ない方にも為替初心者にもお勧めの口座。

三貴商事-くりっく365
税金対策に有利と言われるくりっく365。中でも最大規模・最低手数料を誇る。くりっく365は一律20%の申告分離課税・損失の3年間繰越控除・他の先物取引と損益通算が可能なので口座開設しておきたい。

只今、育成中♪

ブロとも申請フォーム

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

SEO対策


免責事項

当ブログは外国為替等の情報を掲載しますが、最終的な投資判断と決定は必ずご自身の責任において行われますようにお願い致します。また掲載されている情報の過ちによって生じるいかなる結果や損失についても責任を負いかねます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。