FX(外国為替証拠金取引)のブログを見ていると、「年利200%」とか、「今月の収支は100万円以上」なんて派手な文言を見かけます。でも、デイトレードやスキャルのような忙しい取引はしたくない。 なので、植物好きな私は日足中心に「植物を種から育てる」が如く、「低レバレッジ&日足でまったり」トレードでスワップポイント(金利差)も頂きながら、じっくり育てます。 まったりで勝つ!!

なお、当ブログでは、毎日それぞれの国に焦点を当てての独自分析が中心となります。
対象通貨 ⇒ 米ドル ユーロ  英ポンド 瑞フラン 加ドル  豪ドル  NZドル  日本円  ランド 他

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|----- --:--|スポンサー広告||TOP↑
金利先高感から強くなっていたスイスフランが弱り気味ですか?
今月半ばにロート総裁が次回金融政策で利上げを匂わしたのも
そろそろ効果が薄れてきたんでしょうかね。

日足ではユーロスイスやポンドスイスでスイス売りサインが
出そうな感じ。スローストキャスティクスでは既に出てますね。

スイスの国花は「エーデルワイス」の花言葉「大切な思い出」にちなみ、
ロート総裁のことは思い出として忘れないけど、売ってみたい♪
って、感じです・・・

日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

エーデルワイス(西洋薄雪草、Edelweiss)
学名:Leontopodium alpinum
ヨーロッパ・ヒマラヤ・シベリアの高地・寒冷地に自生する
キク科の多年草。同属には約30種。日本にはウスユキソウや
ヒメウスユキソウなど5種が自生する。もちろん高山植物。

スポンサーサイト
|11-30 23:37|スイス フランコメント(0)TOP↑
ドル円買いに入りたいのはやまやまですが・・。
今のところ、自分の中では日足チャートで買いサインが
出ていない
ので、まだ参加保留継続中です。明日にも
ロングするかもです。ともかく、今晩はまだです。

しかし、ユーロドルとポンドドルでわずかに私の中に
ドル買いを始めたい気持ちが強まってます。迷いはありますが・・。

そこで、アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」。
セイヨウオダマキは、比較的耐寒性もあるし、ここはひとつ、
霜除けさえしておけば、寒さもへっちゃら?』です。
低レバレッジでそろそろ出動ですか。

よし、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。

|11-29 23:00|アメリカ ドルコメント(2)TOP↑
ユーロドルは、日足チャートで出た買いサインでロングを
していなかったのが悔やまれるほど、騰がっております。

ユーロ円でいえば、今日は発足以来の高値更新153円に
あと僅か・・・併せて、ポンド円、スイス円も騰がって
おります。週足や月足で見れば、当然上昇トレンドは
継続中。上昇トレンドにも上下幅(レンジ)があり、
さすがにこのレンジの上限付近なので、買いは避けるべき
でしょうが、いずれは、ここをも超える200円や
300円も不思議ではない。永遠に騰がり続けることは
ないし、下押ししながらなので、すぐには手を出しませんが。

ここはスペインの国花「カーネーション」、赤い花の花言葉、
「愛を信じる」に因んで、ユーロドル・ユーロ円は・・・
まだまだ上、信じて待ちます。」って、感じです・・。

今日も日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

カーネーション
学名:Dianthus caryophyllus
別名:オランダナデシコ、ジャコウナデシコ
英名:carnation
原産地は南ヨーロッパ~西アジアの地中海沿岸。
ナデシコ科の一年草または二年草。
5 月の第 2 日曜日「母の日」に贈呈される花として
世界で愛好される。
セキチクやビジョナデシコなどとの交配品種で
バリエーションも豊か。

|11-28 22:25|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
カナダ買いの注目中です。
資源国通貨であるがため、将来は↑と考えてはいるものの、
イマイチです。(わずかに豪ドルカナダに光明が見えますが。。)

対ユーロが特にひどくて、ユーロはどこまで行っちゃうの?
その他通貨に対しても、今現在戻していても、ここは
リトレースメントに過ぎず、ある程度戻したところで
叩き売られて、売りトレンドは継続かな?なんて思ってしまいます。
(そういってる間に買い損ねる訳ですが・・w)

ともかく今日のNYクローズまでは、どの通貨に対しても、
予断を許さないかなって思います。

カナダの国花は「サトウカエデ」、花言葉は「自制」だし、
ここはもうちょっと我慢だ!って思います。

よし、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。

|11-27 18:15|カナダ ドルコメント(0)TOP↑
豪ドルは、11月8日に6.25%へ金利が上引き上げられた
直後から下げたが、また上がってきている。

しかし、この時期は例年、上がるものと認識しているので
12月の円キャリー巻き戻しに巻き込まれることのないように
豪ドル円ロングは注意してポジってみたいです。
高い金利は後から効いてくるので、対他通貨でじわりと上がると
思っています。

ここはオーストラリアの国花「ワトル」の花言葉「友情」に因み・・
金利がボクの友達♪(自分勝手に思ってる)
って、感じです・・・。

先日、恐竜のことを調べていて、気になるものを見つけた。
世界で一番古い樹と言われる「ウォレマイ・パイン」。
オーストラリアか~。これは是非、入手したいです・・・。
ウォレマイ・オーストラリア社のHPへ行き、
ウォレマイ・パイン保護クラブに登録してみるのもよいかな・・・。

日足チャートじっくりまったり低レバレッジで行こう♪

ワトル
学名:Acacia pycnantha
別名:ゴールデン・ワトル、ピクナンサアカシア
英名:Wattle(Golden Wattle)
原産地はオーストラリア。
同属のミモザの花言葉は「真実の愛、最高の女性」

ウォレマイ・パイン(ウォレミ・パイン)
学名:Wollemia nobilis (ウォレミア・ノビリス)
通称:ジュラシック・ツリー
英名:Wollemi Pine
ナンヨウスギ科。オーストラリア・ウォレマイ国立公園。
雌雄同株。2億年前に存在した世界最古の植物と目されている。
(同種における最古の化石は9000万年前)
1994年に発見された。
 ←ん?日本で苗が買える?
|11-25 21:49|オーストラリア 豪ドルコメント(0)TOP↑
ドル円買いに入ろうと考えてはいましたが・・。
日足チャートでサインは下向きのまま帰って
来ないし、116円は割れるしでドル売りムード一色
ここが、買い場と見るか、分水嶺を越えたので、追撃で
売りと見るか・・・判断がつかないので、参加保留です。
しかし、ユーロドルで1.30、ポンドドルで1.92、ドルスイスで1.22の壁を
超えたのは重要なことで、ドル暴落の方向と考える方が自然だとは思います。


そこで、アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」
なので、セイヨウオダマキの花言葉のひとつ「贅沢」から、
贅沢品だったオダマキを、底値で買えるまで待つ
でいきますか~。

よし、日足チャートじっくりまったり低レバレッジ

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。
|11-25 01:36|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
今日も日足チャートじっくりまったり低レバレッジで行こう♪

ユーロドルは、日足チャートで出た買いサインでロングを
していないので1.3の攻防を高見の見物です。というよりも
失速を待ってます。

今日のドル安はドイツのIfo景況指数らしいですが、
なぜか「ドルを下げる」口実にされたようですね。

ここはドイツの国花「ヤグルマギク(矢車菊)」の花言葉の
ひとつ、「繊細」に因んで、ユーロドルは・・・
今回の上昇で、壁を超えなかったら・・・微妙?
って、感じに思います・・・。

ヤグルマギクの種を蒔くなら、今の時期が寒さの限界かな。
ちょっと蒔いてみたい・・・。

ヤグルマギク(矢車菊)
学名:Centaurea cyanus
別名:ヤグルマソウ(矢車草、本物のヤグルマソウは別種)
英名:bluebottle cornflower
原産地はヨーロッパ東南部から西アジア。一年草または二年草。
エジプトでツタンカーメンの棺が発掘されたときには
一緒に埋葬されていたというのだから、人間との歴史は古い。
|11-23 21:30|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
ユーロドルは、チャートを見ると昨日朝(今朝?)から
買いサインになったみたい。損失でもストップ前に、
売りは撤退・・・。ロングすればもっとよい訳(今日は勝ててた・・・)
ですが、なかなか心情的に難しい。

今日の円高はユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相発言
「最近の円下落は荒い」がきっかけだたようですね。

ルクセンブルクの国花は「赤いバラ」というのもあり、
バラの棘の花言葉「不幸中の幸い」に因んで
ショートなければ、上昇しても大丈夫」って、感じかな・・・。

ともかく、日足チャートじっくりまったり低レバレッジで次を狙うぞ♪

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。
|11-23 01:57|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
カナダ買いのタイミング待ち中です。
資源国通貨であるがために、今は原油価格も
2005年6月以来の安値をつけており、イマイチです。

今は、投機筋の売り持ちが倍増しているとのことなので、
完全に下げトレンドに・・。実際、他通貨(円、米ドル、
ユーロ、豪ドル・・)に対して下げてます。

円が売られまくりなので、年末を警戒してカナダ円は
怖いか・・・。では、対円がダメなら、ユーロカナダで
カナダ買いのサインが出るのを待ちますか。現在の
ユーロは高すぎるし。

カナダの国花は「サトウカエデ」。1箇所の穴から採れる
樹液は、0℃を超えてから春先の芽吹く直前までの
わずかな時間にだけ良質なものが採取されるとも噂される
ので、その貴重さにかけて・・・
時機を見て、仕掛けてみたい

ところで、「サトウカエデは繁殖と移植が容易で、街路樹や
庭木に人気
」というので、カエデ類が1本もない
我が家にサトウカエデを植えてみたいんですが、さて、
どうやって、種を手に入れればよいんだろう?

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。
|11-21 22:54|カナダ ドルコメント(1)TOP↑
ユーロドルは、押し目だったのか。
今度は買いサインになりそう。ストップ直前だし、
ドテン買いか・・・。でも、金利を支払うのは苦手。

今日はヨーロッパを代表してトリシェ総裁の出身国で・・。
フランスの国花は「アイリスユリ」なので、
ユリの代表的な花言葉「純潔」をイメージして、思惑とは違っていても・・・
真っ直ぐに対応をしたいって感じでおります。

ユリ(百合)
学名:Lilium spp.(宿根草のユリ科ユリ属の総称)
英名:Lily
100種以上の原種はヨーロッパ~北アメリカにまたがって分布。
西洋では新約聖書にも「純潔」「繁栄」の意味を持って
登場する。「フルール・ドゥ・リス」としてフランス国王の
紋章ともなっていた。
東洋では根を食用・薬用として使用。

アイリス(ドイツアヤメ、独逸文目)
学名:Iris germanica
英名:German iris(ジャーマンアイリス)
原産地は地中海沿岸。アヤメ科の宿根草。
古くから勇気や知恵の象徴。
|11-20 15:01|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
カナダ買いのタイミング待ち。
資源国通貨でもあるが、今は商品市況がイマイチなのか
前回更新の時(102.93)よりも、カナダ円でさらに安値102.66を
つけて終わってますね。

スローストキャスティクス、MACDともに売りサインで下げトレンド
継続中に見えます。ここは101円台半ばも視野に入れつつ、
反転を待ってカナダ円買いでどうでしょう。後から見れば、
ここがいい押し目になっているかもしれない。

カナダの国花は「サトウカエデ」。花言葉は「自制」だから、
流れに逆らわず、自制して買い場を待つ」でしょうか?

そういえば、我が家には、カエデ類が1本もない。
だから辛抱が足りないのか? ん~、いつか種を蒔いてみよう!

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープル
シュガー)が採れる。
|11-19 08:41|カナダ ドルコメント(0)TOP↑
ユーロドルショートには出遅れ感があるものの、ちょっと参加して
みたい。1.28より上で参加して、目標は1.27&1.26をイメージして・・・。
サインは下向きといいうのもあるし、スローストキャスティクスでは
ダイバージェンスが発生しているように見えるので・・・
ちょっとおっかないけど。
(既に高値からは100以上下げているので、ストップの
ライン決めが難しいけれど、11/17 23時現在では1.285辺りが
いい感じかな。。。)

言い忘れていましたが、私は、損切りはある程度は
仕方ないと考えてます。だって、相場に参加するには
100%の勝率なんてあり得ないし、無限に資金が
ある訳でもないのだから、どこまでも難平(ナンピン)を
できるはずもない。だから、損小利大を目標にしてます。

今日はヨーロッパを代表してギリシャの国花「アカンサス
の花言葉「生命力」をイメージして、予想に反した動きをしても・・
生命力あふれるアクティブな対応をしたい
って感じでおります。

アカンサス(葉薊、ハアザミ)
学名:Acanthus mollis
英名:Bear's-breech
原産地は西地中海沿岸、熱帯アジア 。
キツネノマゴ科の常緑多年草または宿根草。
古代ギリシャ建築コリント様式の柱頭のモチーフに。
|11-17 23:56|欧州 ユーロコメント(0)TOP↑
ドル円買いに食指を伸ばしたいですが・・・。
けれど、サインは下向きだし、週末高値118.57は
結構硬い壁になるだろうし、上は相当重そうな感じ・・・。

という訳で、今日は様子を見ていたいです。

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」なので、
セイヨウオダマキの花言葉「素直」をイメージ、サインには
逆らわず、『上への願いを込めて、素直に待つ』でいきます。

相場とはまったく関係ないですが、一昨日は
近所の花屋さんで「ビオラ」と「ノースポール」を
買ってきました。春まで楽しめるといいな。

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。
|11-13 09:20|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
先週はスイスが全通貨に対して強かったですね。
とはいえ、キャリートレードもあるのでしょうが、スイスの
国内投資家の外貨買いが国内で流行しているとニュースでも
最近は流れていましたから、それの巻き戻しに過ぎないんでしょう。

日足ではスローストキャスティクスで他通貨全般に対して
スイス・フランの買いサインを示唆しているし(私が見たのは、対ドル、
対円、対ユーロ、対ポンド)、MACDでも買いですね。

かといって、金利がやや低いので買いで望む気のしない通貨では
あります。なので、
天井を待って、売りで臨みたい
なぁ・・・と検討中です。
(小さい頃に見た「アルプスの少女ハイジ」の故郷、グリンデルヴァルト村に
いつかは行ってみたいから、スイスフランを対円で持っておいても
いい気がしますけどね♪)

スイスの国花は「エーデルワイス」の花言葉「大切な思い出」にちなみ、
ハイジの思い出は、今も大事に心に仕舞ってます♪
仕舞っておいて売っちゃおう)』って、感じですか・・・w
う~む、まったり売り時を探そう♪

エーデルワイス(西洋薄雪草、Edelweiss)
学名:Leontopodium alpinum
ヨーロッパ・ヒマラヤ・シベリアの高地・寒冷地に自生する
キク科の多年草。同属には約30種。日本にはウスユキソウや
ヒメウスユキソウなど5種が自生する。もちろん高山植物。
|11-11 20:44|スイス フランコメント(0)TOP↑
南アランド円がとうとう16円台・・。
15円台で仕込んでおいた分が黒字転換。

こちらは、自分の使っているFX会社のチャートでは貧弱すぎて
テクニカル分析は使えそうにないですが、高金利(8.5%)なので、
少なくとも数ヶ月以上の単位で持つつもりならば、今の時点から
ポジションを建てても、問題なさそうですね。もちろん、レバレッジは
2倍以下で臨みたいですけど。
ちなみに私は現在約1倍です。ちょっと低レバすぎ?

南アフリカの国花「キングプロテア」の大きな花に因んで、
キングプロテアを真ん中に1本、生け花を豪華に長く保たせる♪
って、感じに思ってます。長く持つほど利いてくる高金利が嬉しいw
でも、変動の激しい通貨なので、もちろん低レバレッジ。

キングプロテア
学名:Protea cynaroides
ヤマモガシ科。南アフリカ原産の半耐寒性の常緑低木。
美しく彩られた大型の総苞が特徴的で豪華。花序径は30cmにも。
挿し木で殖やせる。花言葉『王者の風格、甘い恋』
|11-09 09:29|南アフリカ ランド 他コメント(0)TOP↑
ポンドが強いので困った・・。
ポンドドルで売りに入ってるんですが、
時期に下げるだろうとは、思うのですが、昨晩のように急騰されると
迷いが生じてしまいます。

日足ではスローストキャスティクスで買いサイン直前だし、
MACDでは相変わらずの買い・・。次の上昇ではエラいことに
なってしまいそうな予感。いや、悪寒か。

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、
赤いバラで、僕の情熱を受け止めて頂戴~(悲痛な叫び)
って、感じかなぁ・・・ちょっと苦しいw
でも、まったり低レバレッジで耐えていこう♪

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|11-08 13:21|イギリス ポンドコメント(0)TOP↑
NZ円Lを決済。
将来のNZ円=100円の時代に向けて、仕込んだはずだったが、6連続陽線で日柄的に調整かと
思ったため・・・でしたが、暗に相違して、7連続陽線に
なるとは思いもよらず。

次はどの通貨ペアでポジションを建てるか・・・・。検討中。
これからアメリカの中間選挙もあるし、気軽にはポジれない・・。

ニュージーランドの国花「コーファイ」の黄色い花、
金運UPの黄色を、手放したのはやばかったかも?
って感じでしょうか?ちょっとシュンとしてしまった。

今日もまったり行きまっしょう!

コーファイ(Kowhai)
学名:Sophora microphylla(ソフォラ・ミクロフィラ)
コーファイはマオリ語で“黄色”を意味する。
分類上はマメ科の植物。日本にある近縁種は
エンジュ(S.japonica)。
|11-07 08:18|ニュージーランド ドルコメント(0)TOP↑
ポンド売りに出動か?
といっても、なんとかスワップ・ポイントの頂けるポンドドルで
ポンド円は上昇トレンド中の一休みに見えるので下値があっても
限定的だろう・・・。
(ポンドル↓×ドル円↑=ポンド円→または↑の見通し)

日足ではスローストキャスティクスで売りサイン点灯したので、
どうかな・・・。下値のラインで、金曜日安値を抜けたら、
怒涛の下げ(投げ売り)に転じると見ます。

イギリスの国花は「バラ」というのもあり、
赤いバラを投げて、あの娘のハートを射止めたい♪
って、感じかなぁ・・・ちょっと気障(笑)

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。

|11-06 13:44|イギリス ポンドコメント(2)TOP↑
カナダ買いに再出動したい。
けれど、金曜日に急騰しましたから、ちょびっと様子を見て。

カナダ円を週足で眺めると、いい感じに上昇して来て
いるんですよね。先週の103円割れなど、まさに
仕込み時だった感があります。

カナダの国花は「サトウカエデ」。花言葉は「自制」だから、
急反発でも慌てず、下がった所で買い!」でしょうか?

サトウカエデ 英名 sugar maple
学名:Acer saccharum
北米原産の樹高40m以上になる落葉高木で、三裂した特徴的な葉は
カナダの国旗やメープルリーフ金貨をはじめとした硬貨の意匠にも
使われている。
樹液を煮詰めると砂糖(メープルシロップ,メープルシュガー)が
採れる。
|11-05 08:26|カナダ ドルコメント(3)TOP↑
116.56が底と確認。昨日は朝から、ドル円買いに出動。
一応、サインは上向きになり始めましたしね。でも、Limitを低めに
していたので、夜の上昇時に早めに利喰う形になってしまって、
利益もほとんどなし。これじゃ、まったりって言わないよ・・。

ともかく、昨日の上昇は雇用統計がよかったからみたい。
まだまだ、ドルは指標で上下にずいぶん振らされそうですし、
116円台はレンジの下限なのかも・・・。

アメリカの代表的な花は「バラ、セイヨウオダマキ」、
しおれた白バラの花言葉「儚い」のように一時的な上昇にならずに、
赤いバラの花言葉「情熱」をもって、『ドルに熱く上昇を願う』感じです。

バラ(薔薇)
学名:Rosa(混血が多いのでここでは属名のみ表記)
原産地はヨーロッパ~アジア。
耐寒性の落葉(または常緑)低木。
|11-04 09:25|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑
ドル円買いに出動。失敗?

117.13が当面の底と判断した訳ですが、そこを割れて
下げ、116.56まで下落。今は117円台を回復して
いますが、サインは下向きに出っぱなしなんですよね・・・。

昨日は実体の短い陽線で終了しているのもあり、反転が
期待できそうです。それに3連休前だし、ちょっとは
反転するだろうし、もしかしたら、それ以上も期待です。

ともかく、150円まで期待してます(既に妄想の域に・・)。

アメリカの代表的な花は
「バラ、セイヨウオダマキ」だから、そのオダマキの
花言葉の1つ「勝利」だけに、
セイヨウオダマキで運を上げ、勝利をつかもう!
って感じです。
(でも、当面は弱いままだろうし、フットワークは軽くして
おきたいですけどね♪)

セイヨウオダマキ(アキレギア)
学名:Aquilegia vulgaris
英名:european crowfoot
原産地は北ヨーロッパ~シベリア。
多年草。オダマキの名は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に
似ているからとも。
日本のミヤマオダマキとアメリカオダマキとの交配種か。
|11-02 09:41|アメリカ ドルコメント(0)TOP↑

プロフィール

FX.Gray-man

Author:FX.Gray-man
〔漫画のD.Gray-manのマネ?〕

FXで取引はするものの勝ったり負けたりで、資産が増えない灰色な日々。これを打ち砕き、目指したい、野村雅道氏的生活

合言葉は『グレイからへ』

文中の植物画像は楽天アフィリエイトのものをお借りしております。

イチオシ!

今、私の注目ブログ!
外為主婦の楽楽FX 
外国為替証拠金プログ

両建て取引も使い方次第で安心取引が出来るものだと感心。毎日のチェックが欠かせません。

FX・為替情報はココで入手!

メルマガ 【ミカン箱】ω・`)テレ

恥ずかしながら、メルマガ開始。
タイトル『為替でまったり資産倍増計画♪-秘密の部屋』
↓『まぐまぐ!版』

powered byまぐまぐトップページへ
 
↓『Yahoo!メルマガ版』
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!

バックナンバーはコチラ

ブログ内検索

カテゴリー

お勧めFX会社

ヒロセ通商(Hirose-FX2ミニ)
1000通貨からなのに手数料往復で30円』&『1000通貨につき証拠金500円』という顧客本位の会社。初期投資金額の少ない方にも為替初心者にもお勧めの口座。

三貴商事-くりっく365
税金対策に有利と言われるくりっく365。中でも最大規模・最低手数料を誇る。くりっく365は一律20%の申告分離課税・損失の3年間繰越控除・他の先物取引と損益通算が可能なので口座開設しておきたい。

只今、育成中♪

ブロとも申請フォーム

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

SEO対策


免責事項

当ブログは外国為替等の情報を掲載しますが、最終的な投資判断と決定は必ずご自身の責任において行われますようにお願い致します。また掲載されている情報の過ちによって生じるいかなる結果や損失についても責任を負いかねます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。